いびきの治療 (スリープ・スプリント)

     

 いびきを習慣的にかいている人は、日本国内で2000万人以上いるといわれています。
そのうちの約10%にあたる200万人が、寝ている間に何度も呼吸が止まってしまう、
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
と推定されています。

 いびきがひどいのは眠りが浅い証拠で、睡眠時無呼吸症候群(SAS)になると、寝ている間に何百回も呼吸が止まるため、睡眠不足となります。そのため、日中の眠気、仕事の能率の低下や居眠り運転など、最近ニュースで報道されているような事故が起こるなど、社会生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。
 また、長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸が続きますと、 高血圧、不整脈、心臓病、脳血管障害、糖尿病などを誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねきます。
 それらを防止するために、早めの治療が大切です。
治療には、耳鼻咽喉科での、CPAP(シーパップ)とよばれる鼻マスクを通して陽圧空気を持続的に送る装置を使用する方法、 へんとう腺や軟口蓋の肥大した部分を外科的に切除する方法などがあげられます。
 歯科では、スリープスプリントとよばれる歯科装具を使用する方法があり、まずファーストチョイスとしては簡便で、携帯にも便利で最適です。

いままでは、このスリープスプリントは、保険での治療はできませんでしたが、
2004年4月から「医科で睡眠時無呼吸症と診断され紹介された歯科医院」に限って
健康保険の適応
になりました。

※ ただし、この場合以外は、保険の適応はうけられず、自由診療となります。

 
    

詳しくはメールでお問い合わせ下さい。
ココをクリックしてください。
MAIL


 
中川歯科医院院長 中川健三先生監修による
いびきの歯科的治療に関する総合サイト
「いびき・無呼吸ネット」がOPENしました!
いびき・無呼吸・スリープスプリントについて、
イラストや漫画で詳しく説明しています。
また、全国のスリープスプリント治療を行っている歯科医院の検索もできます。