インプラント (人工歯根)

インプラント(人工歯根)は、歯が抜けてしまったところに、生体に対してなじみのよいチタン(金属)の人工の根を骨の中に入れて、その上に人工の歯をつける治療です。
これは、入れ歯のように取り外しをする必要がないため、天然の歯のような感覚で食事をすることが期待できます。また、今までは歯が1本抜けた場合は、両隣の健康な歯をけずってブリッジにしていました。これだと、その両隣の歯や歯ぐきに負担がかかっていましたが、インプラント治療では、これを防ぐことができます。
また、一番奥の歯が抜けてしまった場合は、今までは入れ歯しかありませんでしたが、インプラントでは自分の歯のようにかむことができます。

インプラントの治療は、その内容によってインプラントを埋め込む手術、土台をつける手術など1〜2回の小手術が必要になってきます。その後は、インプラントが骨と完全に付くまで時間が必要ですので、治療期間が3,4ヶ月〜12ヶ月と長くかかります。
インプラントの治療は、残念ながら保険がききません。
また、お口の中の状態、全身状態によっては、誰でも受けられるというものではありませんので、歯科医院で十分ご相談なさってください。