フッ素について

“フッ素”が、歯からミネラルが溶け出す脱灰をおさえ、ミネラルが歯の中にもどる再石灰化をたすけて、虫歯の発生や進行を防ぎ修復の手助けもしています。 また、歯質の強化、口の中の細菌の発育を抑える効果も期待できます。

フッ素入りハミガキ剤の効果的な使い方

                      

 フッ素入りハミガキ剤を使っても、正しいブラッシングは必要です。

おすすめのフッ素入り歯磨剤(ハミガキ剤)

歯磨剤(ハミガキ剤)は歯をみがいた後も、
口の中に長くとどまるようにするため、
”も歯磨剤(ハミガキ剤)を選ぶ上で大切な要素です。
1、フッ素のみのもの
他の成分がほとんど入っていないため、はじめに、何もつけずに歯磨きをして、
最後にペースト(ハミガキ剤)をつけてみがくと良いでしょう。 
みがき後は、うがいをせず、30分ほど飲食は避けた方がより効果的です

※ 使用量は 大人は 1g 、6歳以上のお子様は 0.5g 、3〜6歳未満のお子様は 0.25g が目安です。

ホームジェル

キシリートール配合で、いろんな味のものがあります。
以前より新しくなり、歯ブラシにのせやすくなりました。


ミント

グレープ

レッドベリー

オレンジ

バブルガム

ノンフレーバー

レノビーゴ

低濃度のフッ素で、小さいお子様にも安心して使えます。


ジェルコートF

殺菌効果を弱めず、歯ブラシにつけてブラッシングするだけで、ツース・クリーニングとフッ素コートのダブル使用ができる新しいタイプの歯磨剤(ハミガキ剤)です。コンクールF(洗口液)との併用で効果が高まります。

コンクールF

ジェルコートF


2.フッ素入り歯磨剤(ハミガキ剤)
フッ素の他に、低研磨剤、低発泡剤などが含まれていますので、一般(市販)の歯磨剤(ハミガキ剤)に近いものです。 これは、ハミガキ後のうがいは少なめに1〜2回程度に抑えましょう。

チェックアップ
スタンダード

プロスペック
ペースト

デンタルジェル
センシティブ
@ すっきり系の歯磨剤(ハミガキ剤)。
A 少し甘い感じのジェルタイプ。
B 研磨剤無配合、低発泡性のジェル。象牙質知覚過敏を防ぐ。