むし歯検知機(DIAGNOdent)

DIAGNOdent(ダイアグノデント)は、レーザーを用いたむし歯検知機器で、歯を傷つけることなくまた、視診だけよりもより正確にむし歯を見つけることができます。
また、むし歯の程度が数値として表示されるため、治る可能性のある(再石灰化の可能性のある)むし歯を削らずに予防的手段の目安にできます。

特徴として、以下のことがあげられます。
@    安全かつ痛みもなく、むし歯を見つけることができる。
A    裂溝部(歯の溝)のむし歯の発見率は、90%を越える。
B    早期にむし歯を発見できるので、早期に予防手段に取りかかれる。


DIAGNOdent(ダイアグノデント)で表示される数値について
        0 〜 14 : 進行性のむし歯はない。
       15 〜 20 : むし歯はあるが、予防手段で元に戻る。・・・・・・・・・・予防的手段。
       21 〜 30 : 灰色のゾーン(リスクに応じて、判断する。)・・・・・・予防/シーラント
       30 以上  : 象牙質まで、むし歯になっている。・・・・・・・・・・・・・・・・シーラント/修復