むし歯について
   

これまでは、むし歯の治療(歯科治療)と言えば、むし歯になった歯をけずってつめるだけの治療(対処療法)が中心におこなわれてきました。  その結果、一度治療した歯が、再びむし歯になったり、せっかく高価な材料で治したのに、あまり長くもたなかったり、といったことをたびたび経験された方も多いことと思います。 痛みがとれて、そこに金属や白い歯などをいれると、それで治ったものと安心しがちです。 しかし、本当は、それからが大事なのです。 「なにが原因で、どうしてその歯がむし歯になったのか?」、と言うことをもう一度よく考えてみましょう。  その原因を理解し、治療、お口の中の環境を改善しなければせっかく治療した歯も、再びむし歯になってしまいます。  それらを調べるにはむし歯の原因を分析する検査(唾液検査・サリバテスト)が有効です。
サリバテスト(唾液検査) について
むし歯検知機(DIAGNOdent)
フッ素について

生きている木と枯れ木とをくらべると、枯れ木は弱く、折れやすいものです。 歯も同じで、神経をとってしまうと、神経のある歯と比べ、どうしても歯が折れやすくなり寿命も短くなります。 さらにいえば「歯は削れば削るほど寿命が短くなる」といっても過言ではありません。 歯をできるだけ削らなくてもすむように、早期発見と予防のための定期検診にぜひご協力ください。